AstroってCSSどないすんねん

AstroでCSSどう書けばいいかって思って。
公式ではglobal作って各ページに読み込んでみたいなことと、
そのページにのみ適用されるcssはそのページに書くみたいなこと書いてあって・・・

とりあえずglobalつくっぺかと思って、ただ私は普段scss使っててさ・・・
悩みどころ!もうcssでネストできるもんね、
最新トレンドを使うか、Can I Useで確認したらiosがびみょんぬかもと・・・
古き良きユーザー??(私みたいなものぐさアップデート無視の民)にも対応するのか・・・

ただいっぺん見た目をこのブログに揃えてみようと思ってるので、
単純そうだしTailwindもアリ・・・

とかいいつつこちらの記事を発見し、scssで書こうかなって。

Viteってなんだって感じだったけど、Webpackと似たようなことができるツール?は意訳だけど、そんな感じの機能なおかつビルドがちょっぱやでできる感じでしょうか・・・?

ごめんなさい、難しい言語とか飲み込めなくって・・・
ただ元々高速化を目的としてAstroに目をつけたので、
ビルド面でも高速っていうキーワード出されると食いつきますね。

Scssのコンパイルだけに使うのどうかな、と思ったけど、
一回みてもらった後にもう私のブログとしてデザインからやり直そうと思っているので、後々に役立つと決めつけてViteでやってみてやりつつ理解を深めていきましょう・・・


AstroでWP REST APIからページネーション

ワイのちっぽけな力と、お友達のChatGPTと偉大な先人たちの知恵のおかげで実装できました!

細かいソースはもう夜遅いのでまた今度書きますが、
ブログ記事の詳細ページにはWordpressのfunctions.phpからAPIにprevとnextの記事を出力するようにし、Astro側でpost.prev.idとかいう感じで受け取り、前後の記事を表示するようにし、

ブログの一覧はAstro側に新たにページネーション用のpageフォルダを設置、その中でAPIのheaderを取得しx-wp-totalpagesから10件ずつ分割したページ数を取得、その数をArrayに格納、mapで回して出力させました。

私にできるんかな・・・と若干大きな壁に感じておりましたがなんとか、なんとか自力で解決できて自信になりました!