Twenty Fourteen 「updatedがありません」

ざっぱーん!りょこむらです。

今日はちょっとWordpressさんと戦ったのでご報告。

Googleウェブマスターツールを見ていると、
検索のデザイン > 構造化データ のところに、
なんか赤文字が。

見ていると、書いた記事ページ全部が全部に
「updatedがありません」
との事。

なんじゃらほい?とは思いつつ、
とりあえず赤文字が消したくて色々検索した答えが

「timeタグのclassに”date updated”を書いてあげたら直るよ!」
ということで、結論から言いますと

wp-content/themes/twentyfourteen/inc/ の中の

・widgets.phpと
・template-tags.php

の中のtimeタグのclassに

〜 time class=”entry-date date updated

っていうのを追加してみて、対応してみたところ消えました!
やった〜!Webマスターツールめ!!!

最初、どこに書いてあるんじゃろと、
いろんなブログを見て回っていたのですが、

single.phpの〜とかfunctionの〜とかが書いてあったので、
Wordpressの方で触れるとこにあるのかと思って探していたのですが、無い!

外観 > テーマ編集

から表示されてるphp全部見たけど無い!!

1こ1こじろじろ見ていったので、結構時間がかかってしまって…
最後の1つ見て無かった時、

小津安二郎の墓を思い出しました

多分twenty fourteenでこの問題のこと書いてる方が少なかったんで、
実家のおばあしゃんが漬けた梅干し並みにしょっぱい私の検索能力じゃみつけられなかったんでしょうね。

最終手段として、テーマファイルをサーバーからダウンロードしてまいりまして、
そいでもってtwentyfourteenのフォルダから全検索して発見にいたりました。

ふーっ、なんて手がかかる子なんだ

とりあえずこれで明日から赤文字がへったらそいで満足です!
明日変なエラーでてたらどうしよ!

まぁそんな感じでした

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です